(ほぼ)海外初心者によるアメリカ トビタチ日記

準備から帰国後までの全てを詰め込む トビタテ生による米国留学奮闘記

トビタテ8期 事前研修 感想③

 

どーもこんにちは(・∀・) ゆきです。

 

自分でもなんでこんなだらだら書くのかよく分かりませんが、②に2日目の流れと感想書こうと思ったら10000字超えたので(!)、記事を分けました。

これで本当に最後です!2日通じて考えたこと、感じたことまとめました。

 

----------------------------------------------------------------

 

【2日間で感じたこと】

本当にいろんなことを感じた2日間でした。まずシンプルに思ったこと。

 

① トビタテ受かって本当によかった!たーーーーーのしい!

やっぱり出会って早々、年齢所属関係なく打ち解け合える仲間ってなかなかいないですよね。留学するからトビタテも応募したんですが、このコミュニティはいるために留学するといってもあながち嘘ではないと言いたくなるくらい、このコミュニティが好きになりました。ひねくれ者なので、トビタテ生=すごい人と見られたり、自分たちもそうであるように思っている雰囲気に対して私は「(;一_一)」と感じていて、色々このコミュニティに対して穿った見方もしていました。もちろん「調子乗るなや」って思うときもあるっちゃあるんですが笑、普通にこのコミュニティは楽しい。それでひとまずいっか、って思うに至りました。

 

② でもグループで”議論”をする時間がもっと欲しかったぜよ!

これに関しては本当に悔しいというか、不満タラタラっす。全体的に”浅く広く”交流をした感じでした。色々な学生と話せたことは良かったんですが、地味にグループでやったアクティビティそんなに多くなかったんです。計画をシェアするとか、アドバイスをしあうだけではなく、例えば「日本の宗教観って?」みたいなテーマで議論をしたかったですね。なんなら二次選考の時のグループディスカッションみたいなものです。

まぁ、研修外の時間で各々やってねという感じなのでしょうが、やっぱり渡航日近い人もいるし、東京以外の場所に住んでいる人もいるし、研修の場でやりたかったなぁ。ちょっと残念。

あと、2日目の後半とか「もうみんな疲れているだろうから…」みたいなのが多かったのも残念でした。「もっとやりたいです!!!!」という気持ちを抑えていました。割と私の周りは「なんか研修思っていたより軽かったね~」という見方していましたが、皆さんどうなんでしょう。もっとできるよ!私たち!笑

 

③ 自己開示パワーってすごい。

どうしてそんなにグループメンバーを特別に思うかってやっぱり自己開示をしあった仲だからなんですよね。自己開示のパワー、自己開示がつなげる力ってすごいなと感心しています。ゲストスピーカーのどなたかが「弱みを見せることって大切」って仰っていたのですが、それもこれと同じベクトルの話ですよね。

時々友人と「自己開示を求めてくるくせに自分は全然自己開示しない人がいる」と話します。もしかしたら聞き手にも問題あるのかもしれませんが、相手に「この人なんかずるいなぁ」と思われないように、自分が話したい範囲で開示をする=積極的にコミュニケーションを取ろうとしている姿勢を示すことは大切なんだなぁと改めて思いました。

 

④ 全然海外経験ないけど、別にいいや。関係ない。

実は私、海外初チャレンジ枠という枠を使ってトビタテには合格させてもらいました。今までの人生で海外滞在期間が28日以下の人は、この枠からも申し込めて、事務局の方は全体の2割程度はこの枠から採用すると公言しています。まぁ各コース大体2割だと考えると、多様性人材の場合、20人採用ですからねぇ。この枠が採用の近道なのかどうかはよくわかりません。

 

話を戻すと、私はなんせ10日間のハワイ旅行しか経験がないものですから、トビタテコミュニティにはなんか負い目というか、自信が持てずにいたのです。やっぱり海外経験が豊富な人ってなんかすごいという印象を持っていましたから。

でも、その負い目って別に関係ないな、と思うようになりました。というのも、このブログ取ってもそうですが、私はあーだこーだ色々気持ち悪いぐらい考えるのが好きなんです。大事なのは「経験から考えて、自分にインプットをすること」であり、「むやみやたらに経験すること」ではないのだな、と。色々ごねごね考えて、自分なりの価値観であったり、視点を持つことが大切!

実はグループメンバーの一人が私に向けて〈あなたはよく考える〉という旨のメッセージをくれました。これがこう思うようになったきっかけです。私の場合、海外経験は極めて乏しいですが、裏紙と鉛筆片手にじーーーーーーーと考えるのが好きです。これでいいんだ!と思いました。

 

④ 「留学って楽しそうだから私挑戦しているんだった」というのを思い出した

これ、本当に大切な思い出しですね。実は先月、10か月生活する寮に関して、先方の大学の職員さんとまぁ面倒なやり取りをずっとしていました。こっちの言っていることを理解してもらえず、今の大学職員さんに相談して助けてもらっていたくらいです。「留学って本当にいろんなこと勉強になるな」と感じつつ、「あーもー大変!!!!!なんなの!!!!」と気持ちが詰まっていたんです。ただでさえ学部の勉強も忙しいし、時間の使い方も下手だからパンク状態が数ヶ月続いていたんですね。

 そしていつのまにか「留学の手続きやんなきゃ…」「あ、ビザ申請…」ってまるで仕事をするような気持ちになっていました。事前研修の時もその日中に終わらせなきゃいけないタスクがあって、楽しみにしつつも、脳裏では別のこと考えていた感じでした。

でも、この2日間で原点に帰ることができました。留学してみたい、海外行ってみたいという中学生からの密かな夢が叶うのが2ヶ月後なんだったんだ…と思い出しました。

 

(以下、ガチの自分語り)

そもそも留学という言葉を意識するようになったのは中学3年の時だったと思います。同級生が「絶対高校生になったら留学する!」と宣言して、本当に数年後旅立ってしまったんですね。彼女たちの1年後の変化に感動し、大学生になったら留学しようと考え始めるようになりました。でもいざ勉強を始めてみると、想像以上に大変で、「馬鹿な私には留学なんて所詮無理な話だ」と逃げようとした時もあったけど、諦めることが怖くて、去年の10,11月ぐらいに猛勉強して交換留学のチケットをゲットしました。

 

交換留学選考に落ちて認定で頑張っていたり、はたまた来年度の選考のために気持ちを切り替えて頑張っている人もいるし、さらには諦めるという選択をしている人もいるわけで。

「もー!やだ!大変!」だけで満たすのではなくて、ちょっと冷静になって、家族や大学の職員さんのサポート、そして私にお金を出してくれる企業の方々(特に私を通してくれた二次選考の個人面接のお兄さん)を思い出しながら、ありがたく、楽しみながら、準備をしようと、心をすーっと落ち着かせるように、思い直しました。

 

⑤ トビタテのコミュニティは同質性の集まり&比較的裕福

これ、打ち上げの時に話していたことなんですが、トビタテのコミュニティって多様であるように見えて、かなり同質性が高いと思います。やっぱりいわゆる”変人”が多いというか。「発信する」ことに慣れている人が多いし、質疑応答の時間は手が上がりすぎて自己アピールして質問権を獲得しに行く(私はこの現象を「自我の大爆発」と命名しています)し、やっぱり異様な空間であることは自覚しておいた方がいいなと思います。

そして、これこそ合格してからなんとなくずっと感じていたことですが、トビタテって裕福なご家庭で育っている人が多い!!!Facebook交換すると、校名こそ伏せますが、全国的に名の知れた学校であったり、学費がかかる学部に通っていたり…!多分、「トビタテの奨学金ないと本当に留学できない」っていう学生は本当にごく一部な気がします…。事務局側が思っているほどみんなそこまでお金を求めているかなぁ…?コミュニティの方が強いと思うんですよね。

なんなら志願者はエントリーするときに源泉徴収票を提出して、2つのコースか分けられるんですよ(支援額が異なります)。どんな制度上の難しさがあるのかどうかは知りませんが、もっと世帯収入別に支援内容差別化するとか、本当に経済的に支援必要としている学生には手厚い支援をするとか、細かく分けていい気がします。実際に2年近く留学する学生と話したことあるんですが(300万円もらうそう)、「ぶっちゃけそんなにいらない」と言っていました。400人分の奨学金が確保できないという現実があるのならばよりやるべきなのではないかな、と感じます。なんだかんだ高学歴な人も多いですしね。みんな恵まれています。留学3回目だという人も結構いましたよね。ビビりました。「成績も関係ない!誰でも応募できるよ!」と宣伝しつつ、実はそんな多様じゃないよって感じています。

 

⑥ 自分の人生を面白く語れる人は魅力的

これはこの2日間で出会ったありとあらゆる人に感じたことです。特に支援企業の方のお話とか面白くて仕方なかったです。

私も「人生はネタ作り」だと思ってショックなことが起こっても、「うわ、最高のネタになる」と考えるようにしています(芸人さんと同じ思考回路)。あとそういう人は引き出しも豊富ですね。それこそ専門とまではいかなくても、詳しい分野がいくつもある…!自分がいたいと思う自分でいつでもいられるように、これからも積極的にネタを作っていこうと改めて決心しました。

 

----------------------------------------------------------------

やっと終わりました!!!

お付き合いいただき、ありがとうございました。

 

明日はビザ面接です。あと今週末事前研修を受けるトビタテ生とご飯食べます。でも、二次選考の時、会場に行くエレベーターでたまたま一緒になったことで話すようになった仲なんです~(*^^) ちゃんと話すのは初めて。楽しみです。


私も読んでくださった皆さんもお疲れさまでした。笑

ばいばーい。 

トビタテ8期 事前研修 感想②

 

どーもこんにちは(・∀・) ゆきです。

 

気づけば今日はもう木曜日。研修から4日も経ったんですねぇ〜…タイムスリップした感覚に未だに囚われています。冗談抜きで1週間前の講義の内容が3か月ぐらい前に思えます。米朝首脳会談ってつい9日前だったのか…ってさっき ( ゚д゚)ハッ!ってなりました。

とにかく今週末が研修の人が羨ましいです。もう一回やりたい。

 

さ、今日は2日目の復習を。

※2日間で感想は10000字を超えたため、③に移動させました

 

まず、タイムスケジュールはこんな感じだったと思われます…。2日目は時間どころか順番も覚えてないのですが…とりあえずこういうことにしておきます。

 

----------------------------------------------------------------

【第2日目 06/17】

08:30 スタート 簡単なワークショップ

09:35 支援企業の方からのお話

10:35 船橋さんからのお話、トビタテネットワークの理解

12:00 トビタテ手続きに関する注意事項

12:20 フリータイム + お昼休み

13:30 留学計画の改善

14:40 渡航前アクションの検討、安全対策?

16:00 2日間の感想語り合う?謎の肩もみタイム

16:20 総括?

16:40 アンケート書いて、おしまい?

17:45 打ち上げ!! (行きたい人だけ)

21:00 解散~☆

 

----------------------------------------------------------------

【第2日目 06/17】

08:30 スタート (簡単なワークショップ)

まず何よりも面白かったのは、グループ一緒だった人が寝癖ぼーぼーで来たことですよ。本当に酷いレベルなの!!手叩いてグループで爆笑しました。そういう変な人が集うコミュニティです。会場に映し出されたプロジェクター使って寝癖直してました。大爆笑。

 

話逸れましたが、この時間では、グループが一緒ではない×まだ話したことがない×異性とペアを組んで昨日の感想を伝え合い、ちょっと面白いペアワークをしました。

というのも、1分間ずつ「自分が海外生活で最も楽しみにしていること」を相手に伝えるのですが、割とテーマ自体はどうでもよくて。

キーは聞き手なんです。前半30秒は〈相手の話を聞かない〉、つまり相手の目を見ない、うなづかない。対して後半30秒は切り替えて〈相手の話を積極的に聞く〉、つまり目を見て、うなづいて、笑顔で話を聞く。これを交互にやりました。しかも先に話す人は聞き手にこういう指示が出ていたことを知らずに話すんです。シンプルなゲームでしたが、面白かったですよ。

 

私はまず聞き手だったんですけど、まず相手に関心を持たずに話を聞くということが難しい。後半15秒ぐらいファシリテーターの方をずーっと見て彼の観察を始めたのでなんとか意識をそらすことができましたが。

気づいたこと。関心持っていないと内容は頭に入ってこないし、なんなら相手に無視されると自分も何話しているのかわからなくなる。

ペアを組んでいた学生は、相手が無反応だとその人がどの部分にテンションが上がるのかがわからないから、どの部分を膨らませていけばいいのかわからないって言ってましたね。とってもなるほど!って思いました。

会話って話し手の価値観だけじゃなくて、双方の価値観の結集なんですね。

ついでに、(私にとってはかなり嬉しい出会いだったんですが)ネギと鮭の皮両方を愛している人に出会えたことが嬉しかったです。みんな毛嫌いするからね。即Facebook交換させてもらいました。彼は岩の亀裂の入り方(傾向)を研究するそうです。これも面白そうです。

 

09:35 支援企業の方からのお話

こーれ、めっちゃくちゃ楽しかったです。かっこいい大人って本当にかっこいいよなぁ。

昨日の「専門分野を複数持つ」につながる話だと思いますが、日本企業が世界から遅れを取ってしまっていることから消滅可能性都市まで様々なお話を頂きました。

その方は、大学卒業後はメガバンクでお仕事をなさっていたそうで、その時のきついノルマの話をしてくださいました。

口座開設に関するノルマがあまりにもきついから「逃げようかな」ともチラッと思われたらしいんですが、「この面乗り越えないと次にいけないぞ」というアドバイスをもらって、気持ちを切り替え、ノルマ達成スキルを磨いたそう。病院で影響力を持っている看護師のおばちゃまがキーパーソンだったみたいですよ。この経験から対1人だけでなく、対集団のチャンネルも持っておくとどんどん縁は繋がっていくと学んだそうです。その後社内でも注目を浴びて、海外派遣されることになったっていうんだからすごいですよね。

「失敗をしているということはチャレンジをしているということ」

「困難に立ち向かい、それを克服することへの快感を感じる人生」

 

この言葉は思わずメモしてしまいました。特に2つ目は私もその要素あるなぁ…と思いまして。笑 Mなんですかね。笑

 

ついでに、ファシリテーターの方からまた面白いお話が。

話し手にとって、〈インド人を黙らせることと、日本人を話させること〉が大変らしいんですが、海外の人と日本人はメモの取り方が違いらしいです。日本人は真面目なので講演の内容を細かくメモするのに対して、海外の方は聞きながら「どうして?」という疑問点も併せてメモするらしんですね。だから質疑応答の時間になった途端、手がたくさん上がると。その話を聞いてから疑問点、聞きたいことも併せてメモしようと思っていたのですが、できなかったです…なんでだろうか。原因追及して、これからできるように練習しようと思います。

 

10:35 船橋さんからのお話、トビタテネットワークの理解

さ!やっとプロジェクトリーダー船橋さんが登場してくださいました!

船橋さんはヤンググローバルリーダーという立場からダボス会議に参加したことがある方で、トビタテの父というか、この方のおかげでトビタテは生まれたと言っても過言ではない方です。

そもそもトビタテは「日本に貢献してくれる若者の海外経験を応援しよう」という目的のもと、2020年までに大学生の留学者数を12万人、高校生は6万人海外に送り出す目標を立てています。大学生は10万人を超え、いいカンジらしいのですが、高校生が全然伸びていないと。さらに支援金を集めるのも苦戦していて、今400人分の奨学金を集めることができていないそうです。だからトビタテは個人の支援も受け付けていているとのこと。どれから聞いた話か忘れてしまいましたが、トビタテ生でお金寄付する人すごい少ないみたいですよ。(1人とかなんとか…) 少額になってしまうとは思いますが、留学後から寄付したいなと思っています。少しでも力になりたい。こんなにありがたいコミュニティないんだから。

 

あ、あとは高校生コースの話をしていた時に、船橋さんの意見に対してまさかの反論が出てきて、しばしのディスカッションタイムになりました。船橋さん自身もその意見に固執している様子ではなく、おそらくまぁなんとなく言ってみた程度だったと思うので、トビタテ生の食い掛るような反論は意外だったのではないかな。笑 こういうところがトビタテの面白いところだと思います。

ついでに公務員を目指す学生が多い学部に所属する者として、「安定だけを求めて公務員になる人が多い」という意見にはかなりもやっとしたことはここで表明しておきますね。私が所属しているゼミは国、地方問わず公務員になる人が例年6人ぐらいいますが、皆さん低収入であることを覚悟のうえで、「この社会問題はなんとしても解決しなきゃいけない」って入庁・入省されてます。私もその一人。仕事量に対しての報酬は少なすぎると思っていますが、子どもの貧困問題をはじめとする色々な社会問題の解決に邁進したいと思って行政職を(現時点では)希望しています。もちろん全員が全員そうではないだろうし、その方が感じている様子も事実だと思いますが、それだけではないと思うよ、ってことを伝えておきます。論点がずれちゃうし、対立構造を生む必要はないと思ったので手はあげませんでしたが、みんなの公務員に対するイメージを大きく変えてしまうのが怖くてこれも書いておきます。

 

あとは、やたらとグローバルリーダーの話をされました。

「別にグローバルリーダーになれとは言わないけど、せっかくだから目指してみたら?」ということで様々なお話を頂いた(この姿勢ありがたい)のですが、船橋さんごめんなさい。やっぱり私はそこまで興味がない〜…*1 なんか自分のやりたいことをがむしゃらにやって、気づいたらグローバルリーダーになっていたとか、グローバルリーダーになる必要性が生じたとかならいいんですけど、最初から「よし!グローバルリーダー!なるぞ!目指すぞ!」という心意気はどうしても湧いてこない…。うーん。難しい。

この後休憩をはさみましたが、その間にグループメンバーと「留学ってすればいいものじゃないし、目的によってはしなくていいよね」という話をしていました。日本にいてできること沢山あるし、留学で失うものもあるわけだし。海外こそすべて!日本にいてはだめになる!というのはそれもそれで極端すぎるよね、と話してました。

 

12:00 トビタテ手続きに関する注意事項

このセクションだけピリピリムードでした。トビタテは合格時に登録された留学内容を変更する際、大学を通じて事務局の方に変更申請をしなくてはいけません。そして、その変更申請が認められない場合、なんとトビタテの支援打ち切り+場合によっては奨学金を返金しなくてはいけません。今までのことがすべてパーになるのです。

その手続きに関して事務局の方から結構厳しい口調で注意がありました。でも、きつい言い方をしてくださっているのは、変更申請が却下となり、打ち切りになるのを防ぐため。怖かったですけど、ありがたかったです。

 

ついでに私は留学計画を大きく!!!(同じなのは留学先の州だけ)変えました。4月に変更申請を出して、つい1週間前に変更が認められました。正直、大学の職員さんと何度か相談をして思っていたよりサクッと終わったので、「そんなに大変なのか…?」と思ってしまいました。そのことを大学の職員さんに伝えたら、大学によっては本当に提出の窓口になるだけで中身のチェックとかもしてくれないらしいですね。それは危険だ。

 

ついでにコースによって変更できる幅は異なるとのこと。多様性人材の場合、なにせ”多様性”ですし、倍率も他のコースより2倍近く(以上)ありますから、比較的変更は認められるそうです。でも、トップレベルの場合、世界大学ランキング100位以内にある大学に行かなきゃいけません。交換留学でその大学行きたかったけど、選考落ちて100位以降の大学に行くことになったらトビタテは辞退…!おそらく8期の場合、選考時期考えると、まだ行けるか分からないけどとりあえずエントリーした人いると思うんですよね。すごいなぁ。やっぱりコース選択ってかなり大切ですね。

 

12:20 フリータイム + お昼休み

留学を終えた先輩トビタテ生が何名かいらしていて、プレゼンもしていただきました。その後、その方々に相談してもいいし、組みたい人と組んで自分の留学計画を見直してみましょーう!というざっくばらんタイムがスタートしました。

私は二次選考、壮行会で軽ーくしゃべっていた子に声をかけてもらったので、彼女の留学計画を聞いていました。二次選考後の交流会で初めて会ったとき、「この人受かるな」と確信した人です。でも本当にきちんと話したことはなかったので、嬉しかったです(*^^*) 同じアメリカですし、まぁそこそこ州も近いので、留学中に一緒に出掛けようと今話しているところですね。こんなに留学期間中に色々楽しいイベントができるとは思ってなかったですねー楽しみ。ドーナツ屋さん一緒に行ってきます。

 

13:30 留学計画の改善

お昼を挟んで最後のグループワークでした。練り直した留学計画をシェアしあい、さらにアドバイスをしあいました。これも本当に時間が短い。でもめっちゃいい時間でした。

「この部分がまだはっきりしていなくて…」

「え、じゃぁトビタテのコミュニティ使ってアンケート取っちゃえば?」

「自分だけじゃなくて会社としてのニーズも掴んでおいたほうがいいんじゃない?」

 

「研究以外に何かやろうよ~」

「ゲーム一緒にやればいいじゃん、一人でやるんじゃなくて」

 

とかとかとか…!!!!文字にすると大したことないと思われちゃいそうだけど、リラックスした状態で、みんな感じていることを素直に言葉にできる空気感がとっても好きでした。

 

私の場合、実践活動に関してブラッシュアップをしてもらいました。

実は、ボランティアを志している団体からアメリカ来たらとりあえず色々相談しよ。その時(留学先の)大学の先生の推薦状持ってきて。」と言われてしまい、まだ受け入れ許可証をもらえていないのです。「あっち行ってから頑張ろう~」と思ってましたけど、今のうちから大学職員さんにだけでも相談しておくとか、ダメになった時用のプランを考えておくとか。言われてみれば当然なのですが、ほかの事務手続きを処理することに必死であることを言い訳にして後回ししていた部分を指摘してもらった感じです。やります。んで、それをグループメンバーに報告して、またアドバイスもらおうと思います!(よろしく☆)

 

14:40 渡航前アクションの検討、安全対策?

渡航前アクションはなんか1分ぐらいで終わったような…自分でやっといてってことなんですかね?

安全対策に関してもしっかりと時間を取ってやりました。外務省から出ている冊子を読んで問題を解くという事前課題が出ていて、その答え合わせを行いました。

冊子に書いてあった事例のうち、一番驚いたのは睡眠薬強盗】の話です。知り合った人に「クッキーあげるよ」って言われて、食べたらその中に睡眠薬が入っていて!意識がもうろうとしているところを保護されたら見事に貴重品がなくなっていたという…!本当にこの冊子読んでいると海外行きたくなくなります。この”知り合い”がどの程度の距離感の人間なのか分かりませんが、優しくしてくれたらありがとう~って食べちゃいますよ。海外経験ほぼ皆無なので怖くてたまらんです。

渡航前にもう一度確認しようと思います。歩いているときに銃突きつけられたらどうしたらいいんだ?カード盗られたら?正直、「気を付けてね」って言われても、どう気を付けるのよ(;'∀')って感じです。ひとまず一人で歩かないは徹底しようと思います。プライベート空間は寮の自室だけ、ということで…。

 

16:00 2日間の感想語り合う?謎の肩もみタイム

あー…いよいよ最後です。まずは突然「全員立って、グループごとに一列になってください」と。謎の肩もみタイムのスタートです。でもボディタッチが相手に安らぎを与えるとかなんとか、これも色々と考えられてのアクションなんでしょうね。笑 普通に面白かったです。

そのあとはグループで2日間の感想を伝えあいました。泣こうと思えばいつでも涙流せるような気持ちになっていました。本当に皆さん大好き!ありがとう!という気持ちです。この時間も短くて(:_;) どこかの班が延長を懇願したらしく2分ぐらい延長されました。お別れが近づいているのだなと思い、寂しくもなりました。

 

16:20 総括?

総括ということで孫正義さんのスピーチ(短縮版)を見ました。1期生の壮行会での講演を録画したものです。私はYoutubeで既に見ていたので、内容というよりとにかく研修終わらないでぇぇ…という気持ちで前を見つめていました。

 

16:40 アンケート書いて、おしまい?

最後にトビタテ事務局からのアンケートに答え、研修は終わりました。

みんな名残惜しくて会場に残っておしゃべりしていましたね。

 

17:45 打ち上げ!! (行きたい人だけ)

50名程度で打ち上げを行いました。これもこれでめーーーちゃくちゃ楽しかったです。

たまたま隣の席に座った子と仲良くなりました。「官僚って何?」、「財務省の眼鏡かけた人(佐川さんのこと)は政治家じゃないの?!」とか聞いてくるものだから面白くてまくし立ててしゃべってしまいましたよ。笑 興味関心が全く異なる人と話すのは楽しいです!!!あとはゼミの教授が以前勤めていた大学に通っている人とか。3時間笑い続けていました。幹事さん、色々とありがとうございました(^^)/

 

21:00 解散~☆

最後に集合写真撮って解散しました。私は次の日1限があったので参加しませんでしたが、2次会もやってました。

 

 

 ---------------------------------------------------------------

 

ボイスレコーダーのスイッチをオンにして、4限の行政法を一切聞かずにひたすら書いてました…笑 早く気持ちを整理したくてそわそわしていたので、少しほっとしています。 

 

こんなにも書くとは思っていませんでしたが、③に2日間通じて思ったことを書いてやっと終わりにしたいと思います( ;∀;)

 

 

またすぐアップロードします!ばいばーい。

 

 

 

*1:+_+

トビタテ8期 事前研修 感想①

 

どーもこんにちは(・∀・) ゆきです。

 

お久しぶりです。昨日からトビタテ9期の結果が出ましたね!ついこの間私が合格もらったのにもう次の期がスタートするとはね。合格された方、おめでとうございます。これからどこかで知り合えることを楽しみにしてます♩

 

さーて。

私は先週末、都内の某トビタテ支援企業さんのビルでトビタテ事前研修に参加してきました!2日連続で研修を行うため、関西や地方から来る人は泊まりで東京に来ます。トビタテ生同士の交流を深めるほか、留学計画をより良いものにするために、あらゆる大人たちがいろんなパワーを注入して行われる大研修です。

壮行会の時は「まだまだ先じゃぁ~」と思ってたのになぁ。今回は2日間のまとめと考えたこと、アウトプットしていきたいと思います(*'▽')

相変わらず自分のための整理に終始しています( ;  ; )情報量多すぎてうまく整理できていません…少しずつ修正加えていきたいと思っています…!

f:id:Tobi8:20180620065548j:image

 

まずですね、この事前研修、結構な量の事前課題が出ます。パワポ70ページ超。一瞬も休憩挟まずやってトータル5時間ぐらいかかったかな。若干手を抜いたところもありますが…。

というのも3月研修参加組から「みんなまともにやってこない」、「本気でやると逆に時間の無駄だよ」とか言われていたのです。でも、研修数日前に事務局の方から戒めのメールも来たからなのか、結構みんなちゃんとまじめにやってました。「あ、ここもっと練ればよかったな」と逆に私が後悔したぐらいです。確かに量は多いんですが、すごく考えられて作られているんだなと感じます。ちゃんとやるべき。(上から)

この事前課題を使いながら2日間ワークをしました。

 

そして、2日間の感想。

すんごーーーーーーーーーーーーーーーーーい

楽しかった!!!!!!!!!!!!!!!

本当に楽しい!!!!!!!

わーーーい!!って気持ち!!!!!!!

(とんでもないボキャ貧!!!!でも伝われ!!!!)

 

月曜日、「今日は研修ないのか…」ってロス状態で大学行ったぐらいですよ。今もみんなに会いたくてたまらない。研修前はゼミの課題とかいろんなものに追われて、「週末全部つぶされる…」とか思ってたけど、むしろもう1セットやろうぜ!!ってぴょんぴょんしてます。

で、インプットもかなり多くて完全に脳みそから溢れ出てます。

 

----------------------------------------------------------------

2日間のタイムスケジュールはこんな感じ。長くなる自信しかないので、今日は1日目だけをまとめてみます

【第1日目 06/16】 時間は本当にうろ覚えです。なんとなくこんな感じだった気がする…。

09:00 集合 (なぜか時間までビルの中に入れてもらえなかった泣 寒かった)

09:30 スタート! 壮行会で流した動画を観て、2日間の注意事項を確認

09:45 留学計画のシェア

11:15 トビタテのプロジェクト趣旨理解

12:15 お昼休み

13:00 自分の軸の明確化

15:35 パネルディスカッション

17:35 夕食タイム

18:30 日本の理解

19:30 日本発信プロジェクト

20:20 一日目終了 

 ---------------------------------------------------------------

 

【第1日目 06/16】

09:00 集合 
私たちの回は115名参加していたのですが、事前に事務局の方が20グループに分けてくれていました。決められた席に座って、「よろしくお願いしまーす」とそわそわ挨拶。

 

09:30 スタート! 

壮行会で流れたビデオ(頑張るぞ!みたいなやつ)をもう一回見て、そのあと2日間テンポよく仕切って下ったファシリテーターの方の自己紹介、そしてグループ内で自己紹介をしました。

私のグループは理系コース3人、新興国1人、トップレベル1人、多様性人材1人の計6人で、学部3年から修士2年までごちゃごちゃでした。ついでに2日間「敬語禁止令」が出ます。

この時間で一番面白かったのが、私の右隣の理系くんがどうしてもことあるごとに「すみません」って言っちゃうの。出会って15分ぐらいしか経ってないと思うんだけど、もうグループで「敬語だめだよ」って総ツッコミ。あ、あと関西の大学から来た院生が前日に上野動物園行ってきたとか言っちゃうから、もうみんなでシャンシャンって呼んだり。めちゃくちゃですよ最初から。最高ですね。

 

09:45 留学計画のシェア

ひとり9分ずつぐらいで計画のシェア。これもまた本当に面白い。全く知識がないエリアのことなんだけど、話すの上手いからどんどん聞きたくなる。私のグループは一言でまとめると、国際人道法、ラム酒、巨大オリゴ糖(+文化交流)、建築、欠陥品探す方法の改善のための研究(うまく言えない)、そして日本の子どもの貧困ですかね。とにかく楽しい。気持ち悪い言い方すると、わくわくがとまらない時間でございました。本当トビタテって楽しいなぁとるんるんしていました。


11:15 トビタテのプロジェクト趣旨理解

「トビタテってそもそもなんで創設されたの?」とか「君たちはどんな役割を担っているかきちんと分かってる?」ということでトビタテの復習をしました。

ついでにこういう時は「聞くだけ」にならないように、”グループが一緒ではない”、”まだ話したことがない”、”異性”と組むことが条件のペアワークを2日間通じて結構やりました。この時も「トビタテのこと知らない人に45秒で説明してみて」って。


12:15 お昼休み

なんとまぁ驚くことに事務局の方がWi-Fiを用意してくれていたので、それを借りてゼミの教授に卒論のベース構想をメールしました。笑

 

13:00 自分の軸の明確化

これ、楽しかったけどなんか勿体無かったなぁ。時間が足りないんですよ。事前課題のスライドを印刷して年表を作成し、それをグループの人に見せながら今までの人生を語ったんです。つまり【自己開示】の時間です。

ファシリテーターの方が仰るに、国際会議とかでも「ここで聞いた情報は絶対に口外しない」と誓約書を記した上で、まずは出席者が超プライベートなことを含む自己開示をしまくるんですって。それをやってからの方が議論の深さが全然違って来るから。

 

(それを真似て?)私たちも自己開示祭りをしました。どんな価値観を持っているのかな?どうしてこの道を選んだのかな?って話を聞きながら探ります。ただね、みんな本当に20年ちょっとしか生きてないのに面白いことたくさんしてるんですよ。圧倒的に時間が足りない!!!ここだけで3時間欲しいレベルです。

もちろんこの時間があったからやっぱりグループメンバーは特別な存在になりましたけどね(*^^*)!! 

 

15:35 パネルディスカッション

これはちょっと期待はずれと言ったら言い過ぎかもしれないけど、ほわほわなぞなぞもやもやタイムでした。

 

いわゆる海外でもご活躍の”すごい人”をお2人招いてお話を伺ったのですが、なんかこう…もっとお2人の話を引き出せたんじゃないかな…というか、そもそもこの時間枠にお2人を押し込むことが無謀ではないかな、というかですね。形式としてはファシリテーターの方の質問にお2人が答えていく感じだったんですが、お2人にマイクお渡しして話したい話をしてもらう方が良いんじゃないの?って思ってました。現に質問に答えていない時多々ありましたし。笑

でも”すごい人”から漏れ聞こえる話は面白かったです。「なるほどね」と「そうかしら?」をいくつかで感じました。

 

「なるほど」ポイント

Comfort zoneを超えてこい!それがその後の人生の基準となり、人生を決める

大学受験の時に恥さらして先生に質問しまくって勉強しまくって自分の限界を学べたと思っていますが…話を聞いていて、私のComfort zoneはもう少し広い気がしてきました。アメリカでチャレンジします。

でも、少し考えてみるとConfort zoneって経験重ねるごとにどんどん広くなっていくはずですよね。小学生の時は祖母の家に一人で行けなかったけど、もちろん今は難なく行けるわけだし。挑戦を重ねてないと狭くなったりもするんだろうなぁ。

②自分のアイデンティティがどこに属しているかはどんどん重要ではなくなっている。最終的には個人だ。

「今の生活で日本人を感じるときはありますか?」みたいな質問をされた時に。ついでに日本人であるということを感じるときはほぼないそう。

③ 自分の専門を複数持つ

この言葉聞いたとき、「え、それ無理じゃない?」と思ってしまったのですが、レベルを下げてかみ砕いてみました。

実は質疑応答の時間、トビタテ生めっちゃ手をあげるので質問祭りだったんですね。それで、その時に何人もの学生が「私は〇〇について研究しているのですが、××(カタカナの専門用語)と△△がなんちゃらかんちゃら~」って、まぁ私の知識がないのが問題なんですけど、難しい質問が多かったんですよ。結構みんなピンポイントで生きてるなぁってもやもやしちゃったんですね。

もちろん、専門性ってとても大切だと思うんです。船橋さんの言っていたcollective iniciativeにもつながるし、そこから始まる縁もたくさんあるから。「この分野は任せて」って言えることって格好いいしね。

お2人はそんな学生の質問が続いたので、極端なケースを想定してこの話をしてくれたんだろうと推測しました。私の例でいえば、社会問題ばかり勉強してビジネス的な思考が本当に一切ないとか。理系学生で言えば、なんかのメカニズムにはめっちゃ詳しいけど、モリカケ問題って何?みたいな状態。そうなっちゃ広がる縁も限定的になっちゃいますよね。

おそらく自分のつながりを増やすために、そのアンテナとしての専門性を複数あった方がオススメだよってことですかね。言われてみれば社会って一つしかないんだからどこかしらではつながってるわけだし。

なんかまだうまく気持ちを言葉にできていない感じがしているのですが、とにかく20歳そこそこの価値観で「これは私には関係なーい」ってシャットアウトするのではなく、ひとまず体の中に入れてみることを心掛けたいと思いました。

 

「もやもや」ポイント

① 全体的に「世界でsurviveするために…」という話が多かった。

これは私が平和ボケしている日本にのほほん♩と暮らしてきてしまった私だから抱いてしまう感想だと思いますが…そんなに世界に対して歯をむき出して”闘い”をしなくちゃだめなのか…?ともやもやしてしまいました。「これをしなきゃ埋もれてしまう」とも仰っていたのですが、「埋もれること=悪いこと」なんでしょうか…。埋もれる中にも見えることはあると思うし…なんでそんなに頑張りたいんだ?と戸惑っていました。んーまぁ研究者の方だからそう仰るんだろうなぁ。生きていくために必要だったんだろうなと推測します。そんな厳しい世界で私は生きられないなと思ってしまいましたけど。

 

② 「人と違うことをしよう」

これは①の発展だと思うのですが、「人と違う→やる」という論理にもやもやしてしまいます。「自分が面白いと思った→やる」なら大賛成なのですが、人と違うことってそんなに大事なんでしょうか…?どうしてそんなにstand outしたいんだろう…と下を向いていしまいましたね。

 

まぁ、温室育ちの青い学生の戯言です。船橋さんの「大人の言うことを信じるな」という言葉を借りてアウトプットしちゃいました。

 

17:35 夕食タイム

渡航先地域に分かれて頂いたお弁当を食べました。でもアメリカこの辺!って席振られちゃって、現地で会えそうな距離の人には出会えなかったです( ;  ; )最初から東西だけでもいいから分けてほしかったなぁ。

 

18:30 日本の理解

これがグループで話す時間以外に最も予想外に有意義な時間でした!

まず『外国の方によく日本人は「私は無宗教です」と言われるけど、それはどうして?」と聞かれたことを想定して、ペアワークをしました。ここまではまだ普通なんですよ。その後。

 

ファシリテーターの方が、「全体に答え共有したい人!」と呼びかけ、発言した学生がいたんですね。そうしたら、その学生に対する反応がいくつかあって、そのうちの1人が大学で宗教を学んでいる人でした。

歴史的に分かりやすく日本の宗教を解説してくれたり、海外の人に説明する時のお勧めフレーズを教えてくれたり…本当に教室全体が感動している雰囲気というか、「今すごくいい時間を過ごしている」って感じながら話を聞いていました。

 

翌日も「昨日の宗教のやつよかったよね〜」と何人かと話しましたね。本当にあの時の雰囲気は最高でした。

ついでにその方に初学者にも分かる宗教関連の本を教えてもらったので、アメリカに持っていきます。


19:30 日本発信プロジェクト

1日目最後は、留学先•活動先で日本を広めるために何をするか、考えてきたプロジェクトを4人グループを作ってシェアしました。

私は1日の研修を受けて、コミュニケーションにおいて”武器”を作るって重要なんだなと感じ、【胃袋掴むぞ大作戦】をすることに。

世界各国から来る留学生や現地の学生に、美味しくてお腹いっぱいになる日本食を通じて仲良くなろうと…!母親に今まで以上にこれってどうやって作るの?と質問責めをしようと思います。

 

あとは一緒にグループ組んだ学生の知恵を借りて、「昔話を英語で話せるようにすること」と「ちょっとしたときにメッセージを添えてお礼ができるように便箋を持参する」こともやろうかと。


20:20 一日目終了

予定より少し早く1日目が終了しました。 ずっと同じ教室で換気もせずに過ごしたので、疲れは感じたけどでもとても楽しかったな〜〜〜と満足感を覚えながら帰宅しました。

 

やっぱりすごい長さになりましたね。

本当に自分の気持ちを整理するために書いているので、公開にする意味あるのか悩みましたが、研修で出会った人たちには報告したくて、公開します(・∀・)

 

 

ばいばい!

 

 

 

 

トビタテ2次審査レポート! 〈第8期〉

 

どーもこんにちは(・∀・) ゆきです。

 

新年度が始まったと思ったらあっという間にGWですね~。GW明けに通学時の混雑が少しでも解消されるといいなと思っているこの頃です。

 

さて、先日、トビタテ9期の一次審査の合否が発表されました。やっぱり奇数期は出願者数がそもそも多いですし(多様性人材は+約200人)パスするのが大変なんだなぁとまわりの様子を見ていて感じます。

 

そんなハードな選抜を通過された方、おめでとうございます!(*´▽`*)

みなさんプレゼン、面接対策で大忙し…まさにGW返上で取り組まれていると思います。そんな通過者の方に少しでも有益な情報を提供できたらなと思い、私が二次審査後に残していた忘備録を今日は一部公開しようと思います!私も二次審査前にネット上の情報はかき集めました。それがとても役立ったので、是非目を通してください♩

 

---------------------

12:15 霞ヶ関ビルディング到着 早い組のプレゼンを聞く…①

15:25 いざ、出陣 
15:40 エレベーターで一緒になった学生と話す…②
16:00 面接スタート…③
16:23 面接終了
16:28 グループディスカッション開始…④
17:55 終了
19:05 時間をつぶして、交流会へ参加…⑤
20:40 交流会終了
21:10 帰宅

 

こんな一日でした。これに沿って詳しいことをまとめていきますね。

 

---------------------------

 

霞ヶ関ビルディングでのプレゼン練習

8期の際は、ある方がFacebook上で「当日有志で集まってプレゼンの練習をしあいましょう!」とイベントを立ち上げてくださいました。(ついでにその発起人の方は合格しています。)

私はそのイベントに参加して、おそらく10人ぐらいの方にプレゼンを見てもらい、アドバイスをもらいました。

 

プレゼンは自分をよく知っている友人に見てもらうことも大切ですが、はじめましての見知らぬ人に見てもらうことも非常に大切だと思います。思わぬポイントを指摘してもらえたりします。しかも、初対面のはずなのに、結構みんなツッコミまくる!!!!「ここ乗り越えられたらむしろ本番楽だな」と感じるほどでした。

あ、特に理系の方!!!!!!私のような数字見るだけで疲れる文系を練習相手にすることは大事です!!!時間帯によっては、文系の学生相手とグループを組んで、発表をすることもあるようですから…。文系は想像以上に専門用語に弱いです。ご注意を!

 

ついでに、イベントに参加しなくても、ビル内に多くの参加者がいます。Facebookのアカウント持っていなくても、ビル行けばたくさんいるはずですから、慌てる必要はないと思います!(^^)!

 

私のプレゼンにおける一番の心配は時間のコントロールがうまくいくかどうかでした。4分で話しきれる自信がなかったのです。でも、ここで面接を終えて、ビルに戻ってきた人からスマホを机の上において、残り時間見ることは可能だよ」と教えてもらい、これで不安が吹き飛びました。朝イチ集合でもない限り、行くことを強くお勧めします!

 

文科省内で待機

「さぁいよいよだ」と思ってスタッフの方(おそらく先輩トビタテ生)の指示通りに、待合スペースに向かいました。私が集めたネットの情報の中に、「結構みんな話してて、トビタテすげ~ってなった」というのがあったのですが…でした!

まぁーーーーーーーーーー静か。

…え?なんでこんな静かなん?ってなってしまいましたが、私は会場に向かうときたまたまエレベーターが一緒になった子と雑談して、緊張を和らげました。(ついでにこの子も合格しています。6月にご飯行きます☆)

 

着物、民族衣装、スポーツ系の人がちらほらいましたね。私が察する限り、50人近くが15分ごとに集合かけられていて、随時面接していると思います。全体だと1000人近い人が文科省に集結してると思いますねー。

 

「15:45集合の方、受付を始めます」と言われたら、列に並び、首から下げるカードをもらい、カードに書いてある番号の席で面接開始を待ちました。

 

③ 面接スタート

いざ!と思い、テーブルに行くと、まぁ企業の人事担当の方っぽい、優しそうな、でも本当に思っていることを表には出さないタイプの、ある意味一番怖いタイプの面接官の方がいらっしゃいました。トータルで7つぐらい質問をされて、お話をしていたら、本当にあっという間に終わってしまいました。面接官の方のおかげで和気あいあいと進みましたね。

その面接官の方は私の留学計画というより、「私がどんな人間なのか、どんな価値観を持っているのか」を重要視しているなと感じました。話をしながら、何を重要視している人なのかを掴めるといいと思います。

 

〈聞かれた質問〉

・なぜ、数ある奨学金の中でトビタテがいいのか

・”刺激的”とはどういう意味か

…想定済みの質問だったので、一枚スライドを用意していました。(用意したスライドに”刺激的なコミュニティ”と書いていました。)それを使いながら、トビタテ応募に際して出会った先輩や、当日初めて話した候補生の話をして、「自分とは全然異なる分野に熱中している人たちが全国から一堂に会している場はトビタテだけ。学内奨学金では同じ大学の人としか出会えない。経済的な支援ももちろんありがたいが、このコミュニティに大きな価値を感じており、この仲間に入れてほしい。」と懇願しました。ぶっちゃけここで面接官は私を通すことを決めてくれたのではないかと感じています。「トビタテじゃなきゃやなの!!!」と強調しまくりました。(笑)

 

・計画の要点をさくっと話して

「さくっと」と言われてしまいましたので、用意していたスライドをかなりカットしながら話しました。多分2分~3分で話したかな。

 

・なんでそんなに政治好きなの?

・そこまで好きになったきっかけって?

この2つはパーソナルな質問ですね。先輩の力を借りて自己分析をみっちりしていたので、ここぞとばかりに政治への愛を語りました。「政治は展開が早いドラマみたいなものだと思うのです。朝ドラを毎日1時間ずつ放送している感じです~!」って話したら、そのキーワードを気に入ってくれたようでした。ただただ楽しかったっす。

 

・もともと貧困問題に関心は持っていたと思うが、ここまで大きく計画を変更したのはなぜ?

実は私、一次審査で提出した内容を99%変えて、二次試験に臨みました。細かい事情説明は省きますが、簡単に言うと、一次審査の書類は言っちゃえば、適当に書いて出しました。しかし、そんな適当な内容で一対一の面接を乗り越えられるわけがないので、全部計画を練り直したのです。なので、本当の理由は、「一次審査の中身は私の妄想に過ぎなくて…」なんですが、そんなこと言えないので、大学のゼミ選抜があったことやいろんな理由をくっつけて、上手く(巧く?)説明しました。

 

色々話した後に、コメントも頂きました。自分のメモをそのまま貼り付けますね。

自分→大学→留学→キャリアのスライドはとても好印象だったみたいで、ここまで大きく留学計画を変えたのに、「具体性とか考えると、とてもよくなりましたね」と言っていただけた。「少々頑固すぎるところがあるので、自分がマイノリティーの環境に身を置いて、どうしたら相手が自分をサポートしてくれるのかとか自分を客観視できるようになりたい」という旨を話していたのを踏まえて、「それもとても大切だ。でも今、あなたが持っているその信念もとても大切だから、このまま頑張ってくださいね」みたいなことを言われた。
☆もう終了のベルが鳴ったのに、最後時間を推してまでコメントをくれた。正直何言われたか全く覚えていないが、頑張ってくださいとか応援していますよとかプラスのコメントだった。

私が二次に通過できたのは面接官との相性が良かったからだと思っています。人によっては細かい知識を執拗に聞かれたり、眠そうな試験官でやる気が無かったり(これ聞いたときは驚いた)、頭の固いオジサマで全く自分の考えに寄り添ってくれなかったり…。私の友人の中にも「面接うまくいかなかったから、もう駄目だと思ってた」っていう人もいます。何とも言えませんが、ここに関してはによる部分もあると思います…。

 

また、ネットにたくさん過去の質問も公開されていますから、調べてかき集めて対策をすることをオススメします。ついでに私は集めた質問+自分で考えた質問=57個を一度wordに書き出して考えを整理しました。20ページ近くなりましたね。ここまでやっておけば大丈夫だと思います。

 

④ グループディスカッション

面接後、文科省の食堂に移動して行われました。首から下げていたカードに〇-△と番号が書いてあって、〇番グループの△番の席に座ります。つまり、△が1だったら、グループ内でプレゼンを一番最初にやるということです。カードをもらったとき、1だったら、心の準備をしておいた方がいいかもしれません。

 

私のグループは一人欠員がいて、5人でした。メンバーは理系大学院2名(多様性人材/教育+多様性人材/アフリカ)、私大文系3名(新興国/東南アジア+多様性人材/環境、イギリス+私)でした。理系の人はいなかったですね。

 

〇流れ
① プレゼン 4分
② 審査員からの質疑応答 2分
…これを6セット…
③ 学生同士で質疑応答 10分 (私たちのグループは1人辞退したため、16分)
④ グループディスカッション個人ワーク 2分
⑤ グループディスカッション 18分
⑥ 審査員へ議論内容を報告 1分
⑦ 審査員からのフィードバック 2~3分

 

プレゼンを見ていて思ったことは以下の三点。

① 声は大きく!!!!!

パーテーションで区切られているだけなので、意外と声聞こえません。なんなら面接官の横で話すとかした方がいいと思います。あるいは「聞こえますか?!」って聞いちゃうとか。

② 時間管理しっかり!!!!

私のグループはなんと時間を余らせてしまう人、結構いました。もったいない…。その間、審査官は黙って待機しています。スマホ使えるんですから、時間管理しましょう。

③ プレゼンの論理性

その問題に興味を持ったきっかけ→現地で何をするか→留学後何をするか→将来何をどう変えたいのかという一連のストーリーが見えているかどうかが大切だと思います。意外とみんな【現地で何をするのか】が弱くて、発表後、「うん、で何するの?」と感じましたし、審査官もその点を突いていました。

 

正直、私のグループの合格率は低いだろうと思っていました…発表を聞いても何がしたいのかよく見えてこない発表が多かったのです。でもふたをあけてみたら4人受かってましたね。トビタテ、よくわかりません…。

 

⑤ 交流会へ参加

審査後、希望者のみで交流会が開かれました。最初は渡航地域別に分かれ、次は今所属している大学の地域ごとに分かれましたね。ひたすら留学計画をシェアして、きゃはは~ってする感じです。楽しいです。

ここに参加している人の合格率も高めだと感じます。壮行会でもここで見かけた顔をかなり見ました。飛行機の時間とかに間に合う限り、参加した方がいいと思います。

 

 

 

ということでかなり長くなっていますが…。最後に、「やっておいてよかったこと」「やっておけばよかったこと」をまとめます!(忘備録からの引用です。言葉辛めです。)

〇やっておいてよかったこと
当日早めに行ってプレゼン練習をできたこと。やはりそこで初めましての人に見てもらうことは大事。
・トビタテ生のブログを読むなど集められる情報を徹底的に全て集めておいたこと。
霞ヶ関ビルディングで練習できたこと。面接終えた人もその場所に来たりするので、感想聞けたりするのはありがたかった。(実際タイマー使えるのはここで知った)
質問を想定して、準備できるパワポを作っておいたこと。やはり人間は視覚+聴覚の両方を刺激して伝えるのが一番伝わりやすいのでは。
留学計画のタイトルを適当につけるのではなく、意識をしたこと。その一言で何がしたい人なのか分かると強い。逆に分からないとぶっちゃけ最後までよく分からない。
・おしゃべりなことを逆手にとって、スライドに書いてある情報は読み上げなかった。タイトルも前々から見せておくだけで、すぐに本題にいけたことで伝えられた情報量が多くなったと思う。

 

〇やっておけばよかったこと
・グループディスカッションの練習。過去と同じお題の場合もあるから事前に考えておけば、本番もっと余裕持てたかも。
メモの取り方の練習。メモ用紙にプレゼンの内容をまとめるだけでなく、「どの点が個性的で魅力的か」、「あとで聞きたい質問」を分かりやすくメモしたかった。審査員に近い席だともしかしたらそのメモの取り方もアピールポイントになるかもしれない。

 

 

 

書いて思いましたが、当日の情報の前に準備なにしたのかまとめた方がよいですね( ;∀;)

GW中にまた書いてみます!ばいばい! 

 

 

 

 

トビタテ8期 壮行会に行ってきた話。

どーもこんにちは(・∀・) ゆきです。

 

昨日、ついに!待ちに待ったトビタテの壮行会に行ってきました。
今日は長いです…。いろんなことを感じました。

 

まず、トビタテには、奨学金支給のほかにいくつかのイベントが設定されています。
公式なら①壮行会、②事前研修、③事後研修の3つです。非公式で「みんな集まろうよ!」みたいなのは自主的にやればキリないので、今回は触れないでおきます。


②、③は留学(実践活動)期間によって日程が異なるので、8期生が一堂に会するのは壮行会のみです。まぁ壮行会は参加必須ではないので、厳密にいえば全員集まっている機会はないってことですね。

 

そして、昨日はその壮行会であったわけです。

 

格通知とともに添付されていた案内には以下のタイムテーブルが記されていました。

 

12:00-13:15 式典 13:30-14:30 交流会 15:00-17:00 研修

そして、この後文科省から秋葉原に場所を変えてアフターパーティーが自由参加で開催されました。もちろん行きました。時系列に沿って振り返ってみましよう。

 

1. 式典

f:id:Tobi8:20180312213654j:plain

文部科学大臣、宮川文部科学省大臣政務官、某支援企業人事部長さん…(社名忘れた)をはじめ、多くの文部科学省職員さん、事務局の方勢ぞろいで行われました。

私、政治大好きですからね。「大臣…!!!!!握手して…!!」って心の中でずっと叫んでいました。

 

支援企業の方のお話はやっぱりとっても面白くて、”自分の話したい話をしている感”がとてもありました。そして、今の仕事本当に好きなんだろうなぁとも思いました。やっぱり自分のやりたいことやって生きている人って素敵ですねぇ…。

 

大臣、支援企業の方のご挨拶を頂戴した後に、先輩トビタテ生2名、8期生代表者3名のスピーチもありました。特に先輩トビタテ生が涙ながらにトビタテのコミュニティに入れて本当に嬉しい」、「このつながりを大切に」と仰っていたお姿は印象的でしたね。多分、その言葉を身に染みて理解するのは数年後だとは思いますが、とにかくかっこよかった。その方は、留学先でappleのエンジニアに「今、自分が世界のどこにいるのかを常に考えるように」って言われたんですって。私、そんなこと考えたこともないし、想像力でカバーできるような質問でもないわ、ってしばらく考え込んでしまいました。

 

さらに、トビタテのプロジェクトリーダー船橋さんからは面白いことが聞けました。船橋さんが下村元文部科学大臣(トビタテが始まった時の大臣)と会食した際に、「本当は日本の大学をすべて9月入学にしたい。そしてGap yearを設けて、日本の若者がもっと海外に触れる機会を作りたい。」って仰っていたそう。教育熱心な政治家さんというイメージはありましたが、驚きました。そんな考え持っているんだ、って。
確かにGap yearが当たり前になったら確実に日本変わるよなぁ…と感じつつ、なんとか今できることをということでトビタテが創設されたんだと思うと、「日本代表プログラム」という言葉になんか失笑したくなるような気持ちがありましたが、大真面目に奨学金に見合う対価を上げなくてはならないとちょっと考えが変わりました。

 

いらないよーって開始時は思っていましたが、出席できてよかったです。

 

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=939200556240644&id=229483160545724&__tn__=*s*s-R

ここに壮行会の写真があがってます。

 

2. 交流会

立ったまま色々な人と自己&留学計画紹介をしました。


最初はコースごとにグループを組んで、漫画、映画、食、多文化共生など様々な留学計画を耳にし、その後は自由に話しまくりました。二次選考で同じグループだった方や、二次選考で友達になった子と同じ大学学部に通っている子とか、はたまた友人の知り合いとか、「えー!」とか「ひゃー!」とか言ってたらあっという間にタイムアウトでした。この場には、支援企業の方もいらっしゃって、世界の第一線で活躍する大人の話も聞けました。すごかった。( ;∀;)

 

とにかくみんなよくしゃべるから(お前が言うな)二酸化炭素めっちゃ多くて、めちゃくちゃ暑い!!!ある意味快適な熱気ではありましたけど、暑かったわ。

 

3. 研修

これが最も楽しかった!!!本当に楽しかった!!


渡航先別にグループが割り振られていて、決められた席に座ります。(1グループ5~6人)パーテーションもなく、講堂に椅子がボックス型に配置されているだけだったので、みんなお互いの声が聞こえるように大きな声でしゃべるの。すごいエネルギーでした。ついでに会の司会進行は先輩トビタテ生。

 

20分かけて自己紹介し、その後45分間お互いの計画をシェアしました。ゆっくり、じっくり話が聞けるから、もっともっと仲良くなりたい、話聞きたい、ご飯行きたい~って思ってたら終わりました。まちづくり、AIと医療、日本酒、多文化共生…って一言でまとめたけど、長々と語りたいぐらい魅力的でした。みんな大好き…!って気持ちになります。

 

f:id:Tobi8:20180313074517j:image

 

形式としては、写真のように自分の計画をまとめて、聞いている人は感想や良いと感じたところを付箋に書いて渡しました。(付箋はモザイク処理しています)私は二次選考で使ったスライドのドラフトを持っていたので、それを使っちゃいましたが。

ついでに事前研修は3月が3人、6月が2人でした。3月組には自分から声かけていかないともう会えないってことです。(;_;)

 

公式な場はここまででした。アフターパーティー行く人はアキバへ移動~

 

P.S.時間があったので、お散歩しよ!って友人と秋葉原まで歩きました。笑

その子とは中高同級生なのですが、在学中は全然話したことなくて、今回の合格をきっかけに仲良くなりました。これが実は一番嬉しいこと…!

f:id:Tobi8:20180312221201j:plain

 

 

4. アフターパーティー


有志で何人かが幹事をやってくれたおかげでできました。色々な人と計画&雑談をした感じですね。「仲間入れて~」みたいな感じでどんどん輪に入る&入れるの繰り返し。

 

梅酒とポテトがめっちゃまずかった以外は楽しかったです(*'▽')


あ、未成年はお酒飲めないので、そこは厳格に区別されました。それでも同じ参加費はちょっとかわいそうね…。まぁ成人してても私飲まない!とか始めるとキリないから仕方ない気もしますけどね。

 

 

 

----------------------
そして、そんな一日で感じたこと。

 

トビタテってすごいけど、大半のトビタテ生は別にすごくない。

 

自分が出願、選考している時って「トビタテ生=天才」みたいな感覚あったんです。実際にトビタテのことを調べていて前面に出てくる人ってそういう人が多くて、「受かるわけねぇや。こんなの。」って思いながらやってました。

 

昨日の壮行会でも友人が「本当に頭がいい人がいた」と話してくれました。あなたの極めて良質な脳細胞を!もうお国のために、というか世界、人類のために!!貢献してください!お願いします…!!ってひれ伏したくなるような天才です。超人的な人。トビタテ生にそういう人がいることも事実。でも、それは一部。みんなじゃない。

 

確かに、トビタテ生は「自分は〇〇です!!」と一言で言い表せるほど目的を持って生きている人が多い。そして、そのために休学をしたり、就活を延期させたり、普通だったら「ちょっとこれはリスキーだな…」と思うことも、「自分には必要なことである。」と勇気を持って決断できる力がある。

これだけですごいことだと思うんです。そうなんだけど、でもこれって「ちょっとアクティブな学生」ってことだけじゃない?とも思うのです。決して私が以前持っていた天才型とは違うなぁ、と。

 

船橋さんの言葉を借りれば、「トビタテ生は良くも悪くも物事を大きく言う」
本当にその通り。何回も大きなこと言いすぎて、自分があたかもそうであるかのような感覚に陥りそうになっています。でーも!冷静に考えれば、実際は大したことじゃない。

 

だからこそ船橋さんが交流会の挨拶で仰っていた通り、collective initiative(集合知)が大変重要だなと思いました。collective initiativeは、みんなが自分ののばしたい分野を留学先で思いっきり高めてきて、互いに異なるその専門性をトビタテという場を使って集合させよう、そして社会に対して価値があることを行っていこうというお話の中で登場したキーワードでした。
自分のありったけの思いをストレートにぶつけあう”トビタテ”という場があるからこそ、ちょっとアクティブな学生が刺激しあい、それを続けることできる。そして、それが学生にとっても、トビタテを設置した国にとっても重要なのではないのかなぁ…(´-`).。oO

 

あくまでトビタテの魅力は「場」であって、そこに集う多くの人はまだまだ卵。「トビタテ生」だからといって鼻にかけては絶対にいけないし、トビタテというその場に入れたことに感謝して、その上で、この組織を使い倒すぐらいの感覚じゃないと、むしろ視野狭まると感じています。

ってか、なんならもうちょい枠絞って、金額も抑えて、2025年ぐらいまでやるほうが効果的なのではないかと二次選考のプレゼン見ているときから感じています。笑 「おへ?」みたいな人も受かっている気がしてならない…。文科省はじめ事務局の方々が民間に1500回以上(確か)頭下げて資金集めしてくださったそうで、それならなおさら…って思います。

 

色々書きましたが、言いたいことは「出願の段階でビビる必要は全くもってない」ということ。そして、「トビタテ生だからと言って過剰に尊敬の眼差しを向ける必要はない」ということ。あくまでその個人を見て、向き合うことが大切なのでは。

 

トビタテに関しては褒め称える記事ばかりヒットするので、少し冷静になってもいいかなと思って思い切って書いてみました。あくまでこれは私見ですので、悪しからず…。

 

ついでに…ちょっとトビタテで世界が広がった話を。

研修時のグループに、【日本酒の可能性】をテーマにインターンをするお兄さんがいたのです。二次選考後の交流会でも顔は合わせていたのですが、改めて計画を聞いて、「多くの可能性を秘めた計画だなぁ~(´▽`*)♡」と感じていました。

 

そして今日、ゼミ合宿中にお土産屋さんに行ったのです。

お店に並ぶ多くに日本酒を見て、思い切って彼に連絡を取り、おすすめの日本酒を教えてもらいました。今まで日本酒ってほぼ口にしたことがなかったのですが、試飲して、ちょっと新しい世界に足を踏み出しました。笑 「まずい、うげ~」としか思っていなかったのに、「面白い」と思ってしまい、予定が合うときに飲みに行く約束をしました。こうやって少しずつ自分だけでは知りもしなかったであろうことの魅力や可能性に気づかせてもらえる場なんだと体感しましたね。今から楽しみ。

 

ながーくなりました。ばいばい。

 

 

トビタテって一体何なのさ! ~後編~

どーもこんにちは(・∀・) ゆきです。

 

学生にとってはながーい春休みも後半戦…気が付けば学生生活折り返し。あっという間ですね。そして、あっという間に旅立つんですね。

 

前回の内容をさくっとまとめると、トビタテは、とにかく「超充実した奨学金制度」

私の長期留学自体の選考とは関係ないですよ。これはあくまで奨学金。長期留学の選考は大学内での選考です。これもまぁーいろいろとあったので、いつか書きます。

 

ってことで、今回はトビタテの制度と選考過程についてまとめてみます(^^)/

 

 

まずは、制度。
ひとまず1番わかりやすいのはこの表でしょう。

f:id:Tobi8:20180308151635p:plain


(トビタテ!留学JAPAN募集要項(8期生用)より引用)

トビタテは研究内容に合わせて、理系複合融合系コース、新興国コース、世界トップレベル等大学コース、多様性人材コースの4つに分かれています。研究内容が理系なら理系コースに、新興国行くなら新興国、大学ランキング上位100位以内ならトップレベルに出せばよいのですが、多様性人材コースだけどんなコースなのかイマイチわかりませんよね。

一応、募集要項には期待する人物像として、

各々の分野や活動において、今後活躍が期待できる学生が行う留学を支援します。 ※活動地域は問いません。
[想定される人材例]
・スポーツ、芸術、政治、行政、教育、研究、医療、メディア、観光、ファッション、日本文化(古典芸能、和食等)等の多様な分野で活躍が期待される人材
・起業や国際協力等を目指して活動をしている人材
・復興支援活動をしている人材

 

と出ています。私は「政治」、「行政」と明記されていたので、留学計画の内容から多様性人材でエントリーしました。でも、本音を言えば、「理系でもないし、新興国に行く勇気もないし、頭の良い大学に行くわけではないから、多様性人材にしか出せない」(母親に言われたセリフ)のです…。

このように「多様性にしか該当しない」という人が集結するので、他コースは倍率が2〜4倍なのに対し、多様性人材だけ5〜8倍と跳ね上がります。仕方ない。頑張るしかないの。

 

そして、面白いシステムがもう一つ。
4つのコースとは別に、「海外初チャレンジ枠」というのが設けられました。今までの海外滞在日数が28日以下の人のみ申し込める枠で、より人物面を重視して評価されます。(28日以下の人でも残りの8割で選考を望む場合はエントリー不要)全体のうち、約2割はこの枠から選ばれるのです。私はこの枠で申し込みました。ちょっとこの点については別に語りたいことがあるので、また書きますね。

 

とにかく!!!!!!!

トビタテ出願においては、このコース選択がとっても大切!!!!!!倍率、募集要項を吟味して、慎重に決めないとだめなのです!!!これがずれていると確実に落ちます。

 
次は、選考過程。
友人に「5回ぐらい試験あるの?」と聞かれましたが、 いいえ!

たったの2回です。一次が「書類審査」、二次が「面接審査」。とりあえず、合格発表までの流れを思い出してみました。

 

---------------------------------

7ヶ月前 (2017.07.18) :大学に願書提出

トビタテはセンター試験のように、必ず大学を通じて申請します。まずは大学に願書を提出し、大学からエントリーに必要なオンラインコードをもらいます。

 

5ヶ月前 (2017.10.30あたり) :1次審査書類作成・提出
トビタテの公式サイトからログイン。研究計画、自己PRを入力し、エントリー。

(私は実質2日で仕上げました。皆さんはもっと早めに…)

 

2ヶ月前 (2017.12.19) : 一次審査合格発表

私は8期は落ちるだろうと思い、9期のエントリーをしに、(ちょうど①のステップ)大学へ向かったところ、職員さんから合格していると聞き、大発狂しました。

 

1ヶ月前 (2018.01.13) : 二次審査
文科省(!)にて個人面接20分+グループディスカッション70分 (4分/1人のプレゼンを含む)の審査。多分全体で1,000人ぐらいの候補生が霞ヶ関に集結。審査後には交流会も開かれ、ここでも楽しくて大暴れ。

 

0ヶ月前? (2018.02.13) : 二次審査合格発表

採用の文字を見た瞬間、家の中をダッシュで駆け回りました。なんせトビタテ事務局からは2月上旬に発表としか言われていなかったので、今か今かとずーーっとそわそわしていました。はっきり〇日発表って言ってほしい…。

 


--------------------------------

 

振り返ってみて思うことは、やはり動き出しがほかの奨学金に比べてとても早いこと。

 

実際に「気づいたら募集終わっていた」、「出しそびれた」と言っている人、結構見かけます。私が通っている大学では、トビタテ啓発(?)イベントが多く行われていて、「留学したい人は必ず出しましょう~」と言われていたので良かったですが、まわりにそういった機会がない場合、本当に自分から動かないともったいないですね。

でも、実際には審査期間が長いだけで、基本的にはひたすら「待ち」の状態です。一次に出すだけならお金も取られないし、損することなし!トライしてみましょ。

 

なんとか2回で全体まとめましたが、実は合格もらうまでにまぁーーーいろんな出会いと事件がありました。自分で言っちゃだめだけど、かなりドラマチックな展開でした。いつかそれも必要になったら書いてみます( ;∀;)

 

お付き合いありがとうございました!

壮行会楽しみ~

 

 

 

 

 

トビタテって一体何なのさ! 〜前編〜

どーもこんにちは(・∀・) ゆきです。

 

 

まずは、若干の恐れを覚えつつ書いてみた前回のブログについて。私の想像以上に反響があり、びっくりしました。ありがとうございますm(_ _)m 人生の一大プロジェクト、ひたすら頑張ります…! (ちょっと色々とビビり始めているけど)

 


ただ、前回の記事を読み直すと、決定的に欠けている視点がありました。それは、

 

「そもそもトビタテって何だよ?」

 

ってことです。

 

実は去年の10月からトビタテの準備をしていました。約5ヶ月間、トビタチたーいと念じていたら完全に感覚が麻痺してたんですね。記事を読み返して、「あー客観視できてない!」と反省しました。だから、今回はトビタテそのもののお話を。

 

 

トビタテ!留学JAPANとは、2013年に安倍内閣「留学生を増やすぞ!海外で踠いてきた若者たちのパワーで日本を何とかするぞ!」閣議決定をして、文科省の所掌事務として始まった国家プロジェクトです。

どうしても文科省が中心なので、結構勘違いされているなと感じているのが、トビタテは国費がメインで動いているわけではないということです。あくまで、この趣旨に賛同した民間企業がお金を出してくださっています。私が受けた8期の場合、210社・団体から116.8億円!!!(平成29年6月30日現在) どっかの国家予算より多そうな金額です。

 

なので、2次審査の個人面接は出資して下さっている企業の人事担当者の方との面接です。 要するに、スーツ着て、模範的な受け答えをしていても評価されない。これでもか!というほど個性を大変重視するプログラムなんです。面接会場でも本当にやばそうな人、何人か見かけました。

 

 

では、そんなトビタテのメリットは何か。

 

◯その1 =とにかく私が知りうる限り、最も充実した返済不要の奨学金である!!

まだ確定はしていませんが、私の場合、

生活費¥160,000/月×8ヶ月+留学準備金¥250,000+授業料補助¥300,000=¥1,830,000をご支援いただく予定です。大きいですよね。これを国が中心でやってくれるんだから、本当にいいタイミングで学生になったな、と感じます。
もちろん、活動地域、期間によって支給金額は変動しますし、私はかなり頂く方であることは補足しておきます。

 

◯その2 =トビタテに採用された学生同士のコミュニティ

トビタテに受かる人は、みんな「私は◯◯が大好き!」、「△△だけは譲れない!」と自分の中にパワースポットのようなものを持っています。私なら政治、出会った人なら、スポーツ、観光(地元愛)、テクノロジー関係、映画などなど…。単にお金をもらうだけでなく、自分のコミュニティを広げようとする人が多く集うので、お互いを刺激しあえる関係が築きやすいみたいなんですよね。
人が生き生きとしている姿を見たり、話を聞いたりするのが好きな身としては最高の場です。

 

〇その3 =留学の目的が定まる

元々、何かをきっかけに留学を志すのが理想ですが、私はなんとなく海外行きたい…が1番最初です。でも、審査のために「じゃぁあっち行って何すんのよ?」、「その経験を将来にどう活かすのよ?」もいうとても大切な部分を明確にしなくてはいけません。とても頭と時間は使いますが、段々、留学が”ただの憧れ”だったのが”目標”に変わって行く感覚を覚えました。

 

 

色々書きましたが、一言でいうなれば、
【日本一の規模の、日本一充実した奨学金である ということです。海外インターンや留学を志す人は必ずチャレンジしてみるべきプログラム。変な話、メリットの3点目は受からなくても体感できます。2点目も二次審査に進めれば(自分の意識次第で)ある程度達成されます。

 

 

長くなってしまいそうなので、来週あたりに後編を書いてみようと思います。

お付き合いありがとうございました( ^^)